file.41 「昔の絵でもいいですか?画廊」第4回

月日が経つのは早いものでもう3月も終わろうしています。ふと気ずくとまたスポンサーサイトが、慌ててなにかブログにアップせねばと思い海洋堂のフィギュア展の後編をやろうと思ったのですが画像が多く途中で挫折(根性なし!)しかたなくまたまた お世話になります。「昔の絵でもいいですか?画廊」てことで第4回発動!

今回はイラストのバックグラウンド的なものも少しご紹介したいと思います。(いつもイラストだけなので)

まず、大雑把にストーリーおば、時は今よりずっと未来、人類は増えすぎた人口問題の解決策として他の星への移住計画を発案、しかしアテの無い宇宙探索に耐えることができる乗員(宇宙飛行士)育成は困難を極め、窮地においこまれた地球連邦政府はその打開策としてプログラミングされた人造人間(バイオホムンクルス)の起用を決定そのテストケースとしてプロトタイプナンバーBM-002リー・リンチェー通称チェリーを遠距離型宇宙船ゴールデンハッピー号に搭乗させことにした。そこからチェリー(ヒロイン)の大宇宙をまたにかけた冒険が始まる!的なお話です。

ヒロインのチェリーについて、当初は世界で一番有名なネズミさんのパロディーぽいものを考えていたのですが、途中で「トムとジェリー」に変わってしまいました。(理由は名前をチェリーにしたから)
バイオホムンクルスなので人間ではありません。(人と区別するためにシッポがついてる)年齢は18才位に設定(一年ぐらいで設定した歳になる)普段の知能レベルは5〜6才程度(宇宙飛行士しての機能はプログラミングされているので宇宙船の航行に支障はない)後、非常時にはワーニングプログラムが発動いかなる危機にも対抗可能
とされている。精神面のフォローとして他の人に見えない友達(トム)がいる(別人格プログラム)

その他の搭乗員としてミミズの知能レベルを極限まで上げたキメラ(ニョロニョロ)が複数乗員してます。

今回ご紹介するイラストはエビソード.8「女海賊レディーバット」のイラストです。

海賊

お話の表紙的なイラスト後ろでおっきな銃をもってるのがレディーバット周りにいるのは部下のバット星人
チェリーの足元にいるのがニョロニョロです。

海賊1

上の絵と同じジャンと思われるかもしれませんが、微妙にちがいます。ここでクイズ!タイトル以外で何処が違うでしょ!なんて これはゴールデンハッピー号に乗り込んできたレディーバットがチェリーを拉致するところのです。

人質

これは拉致されたチェリーをコスモポリス「ケルベロス」のケンケンが救いに来た場面です。

ケンケンのついて少しご説明
コスモポリスのケルベロス隊に属する犬のお巡りさん チェリーと同じプロトタイブのバイオホムンクルス
BD-001リー・ワン通称(ケンケン)『チキチキマシン猛レース』に登場する犬の キャラクターの日本での呼び名が名前の由来、チェリーとはお友達。

ここで補足 実はレディーバットもバイオホムンクルスではないか?とされているコウモリのプロトタイプだが記録なくロストナンバーではないかと思われる。

ちなみに登場するバイオホムンクルスがなぜ中国名かとゆうと製造者のダニー・リー博士がチャニーズ系たから(現在行方不明)

どうでしょう?今回イラストのバックグラウンド的なものを少しご紹介しましたがちょとイラストの見方が変わったのではないでしょうか?(こうゆうことを考えながら描くのが私的にはとても楽しい!)

追記

長距離型宇宙船「ゴールデンハッピー号」

宇宙船

名前の由来 鯛のカタチをしているので「めでたい」でハッピー、色が金色のなのでゴールデンてことで
ゴールデンハッピー号(安直)







スポンサーサイト