file.32  ガレキの魔境「怪物屋」

今回は私 ダニー.Yが迷い込んだ不思議な世界、一度迷い込んだら抜け出せなくなる。それはまさにガレキの魔境ともゆうべき摩訶不思議の空間、そんな場所へ皆様をご案内いたします。

そのお店の名は「怪物屋」

事の発端はコミケで駄菓子猫様にお会いしたことから始まります。
例によって私の参加したコミケに来ていただき楽しくお話をしていた時、駄菓子猫様が言った一言
「この後、堺筋本町にあるお店に行こうと思ってます。」この言葉が私があの場所に迷い込む第一歩だったのです。
その時はなにげに「そんな場所にお店あったかな?」と思う程度でした。
コミケも無事終わり翌日、駄菓子猫様のブログを拝見して見るとコミケの記事「早くも掲載して頂いたんだ】と思い読んでいくと最後の方にあのお店の事が 俄然興味を引かれた私は早速、検索 ホームページを発見 見ていくと店内に工房があるとのこと前々から造型師さんに興味があった私は「ここに行けば工房とか見せてもらえるかも?」とおもい翌日、早速出かけました。私の居る所からは電車で3駅かなり近いです。地下鉄から上がり地図を見ながら歩いているとふと懐かしい風景が、私 10数年前にこの近くで働いていた事を思いだしました。
そこでまたあの疑問が「そんな場所にお店あったかな?」今 思えば有ったようなしかも一度入った事があるような(なんせ10年以上前の事なのでさだかではありません。)
私、土地カンをあるはずなのに(地図もあるのに)迷ってしまいました。(実際、かなりの方向オンチ)
結構グルグル回ってようやく知ってる道へ この時すでにあの世界に迷い込んでいたのかもしれません。

マドイドーム大阪の少し先道路を挟んだ向かいにそのお店はポッンと有りました。

kaibutuya1.jpg

(本当は4時頃だったのでまだ明るかったのですが)

周りはオフィス街なのでこのお店だけがなにか異様な雰囲気をかもしだしているように私には見えました。この時はその後起きる様々な不思議な体験の事などまるで予想しておりませんでした。
恐る恐る店の前に
kaibutuya14.jpg

入るとまず目に入ってきたのは海外のフィギュア関係の雑誌の群れ

kaibutuya7.jpg

わりと雑然と置かれてました。

その向かいのショーケースには夥しいガレージ・キットが所狭しと陳列されてまいた。(アッカンです。)
kaibutuya4.jpgkaibutuya6.jpg
kaibutuya8.jpgkaibutuya2.jpgkaibutuya3.jpg

その奥で二人の方がなにやらガレキ片手にお話をしてらっしゃいました。
ひとりは初老のヒゲをたくわえたTシャツにタンパン姿のチョイトいやダイブンくせの有りそうなオヤジ(この方が偉大な魔境の主 店長さんなのですが)もうひとりの方はメガネをかけた少し大柄な方(後でお聞きしたらあの海洋堂のフィギュアの原型師さんとの事でした。)横で密かに聞き耳をたてているとどうもアメリカのディーラーの話をしているようでした(私にはなんのことやら?)

しばらくするとボーズ頭のひとなっこそうな顔のオニイチャンが入ってきました。(この方、店員さんかと思ったのですが実は通いの造型師のDさん お店のブログ等見ていただければ判りますが、相当イイカンジのオニイチャンです。)
kaibutuya9.jpgkaibutuya13.jpg

(Dさんのお仕事中のPお願いしてポーズをとってもらいました。じゃましてすみません。)

早速、「日曜日に来てた者の知り合いです。」と話かけると「そうですか」てカンジで「工房見てもいいですか?」と聞くと「どうぞどうぞ」てことでイソイソと工房探検。
kaibutuya11.jpgkaibutuya10.jpgkaibutuya12.jpg

基本的に値札があまり着いてないお店であり商品もかなり雑然と置いてあるのでどれが売りもんなのか判りずらいのですがそれが私がガレキの魔境と呼ぶ理由のひとつなのですが(当然、値札の着いてるものもあります。)
本当にあちこちにガレージ・キットが置いてあります。天井にもぶらさがってたりもします。

ひとしきり、「へーへー」いいながら見せていただきまるで夢に見た世界(寝てみる夢)そのものの場所に興奮しっぱなしの私、そうこうしてるうちに店長さんの話が終わったらしく「日曜日にきてた方のお知り合いでイラストレーターしてる方だそうです。」とDさん 「そうなんだ私も昔、イラストレーターやってました。」と店長さん
「え!そうなんですか」とそれから話コミ閉店まぎわまで居座ってしまいました。

この店長さん ものすごい知識の宝庫でしかも全てにおいてプロフェショナル(ガレキ、フィギュアの事はもとよりイラスト、デザインさらには歴史にパチンコまで本当にとんでもない人です。)

どうです。皆様 迷い込みたくなったのではありませんか?しかし覚悟してください。一度このお店に足を踏み入れたら二度と出られない事を。貴方の人生が少しだけ変わるかもしれません。
(ちょとタイソウな言い方でしたかね?ちなみ「怪物屋」こと皆さん知ってました?知ってる やっぱり!)

「怪物屋」ホームページアドレス:http://www.kaibutsuya.shop-site.jp/




















スポンサーサイト

| NEXT>>